横浜の会社設立の経理・会計・税務に強い横浜会社設立Guideナビゲーター

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム

経理・会計・税務

煩わしい経理・会計・税務処理を横浜会社設立Guideのナビゲーターがサポートします。

経理・会計・税務は、密接な繋がりがありますが、全てを自分で行おうとすると相当な時間と労力を要します。
逆に、全てを外部に任せると、それなりの出費が生じます。
本業に専念できる環境を維持するために、どの部分から外部に任せればよいのかを考える必要があります。
横浜会社設立ガイドでは法務・税務・労務など各分野の知識を把握し、これらの知識をお客様に応じて適切に引き出せる経験豊富なナビゲーターがサポートします。

経理・会計・税務

経理

経理とは、会社のお金に関する事務全般をいいます。
主なものは、現金・普通預金・売掛金・買掛金・給料計算に関することになりますが、それぞれの作業できちんと書類を作成し、きちんと書類を保管しておけば大丈夫です。
以下にそれぞれの事務手続きのポイントを解説いたします。

Point1 現金

現金入金があれば領収書を発行し、現金出金があれば領収書を保管します。

Point2 普通預金

普通預金への入金や出金は、預金通帳を銀行で記帳すれば把握できます。
普通預金への入金は、売上代金であることが多いと思いますので、売上請求書の控えを保管しておけば「誰からの」「いつの分の」入金なのかは、すぐに調べられます。
普通預金からの出金は、取引先から届いた請求書の支払いであることが多いと思いますので、取引先から届いた請求書を保管しておけば「誰への」「いつの分の」支払いなのかは、すぐに調べられます。

Point3 売掛金

売掛金とは、売上代金のうち未回収の金額をいいます。
言い換えれば、売上請求書を作成してから、普通預金などへ入金されるまでの間が売掛金となります。
ですから、売掛金管理のポイントは「売上請求書の作成・保管」「普通預金などへの入金確認」となります。
※入金が遅れている場合や、入金額が足りなかった場合には、すぐに督促しましょう!
※請求書発行の締め日を月末にしておくと、会計での手間が大幅に減ります。

Point4 買掛金

買掛金とは、売掛金の逆です。
買掛金管理のポイントは「請求書の保管」「正確な支払い」となります。
※多く支払ってしまった場合には、すぐに連絡しましょう!

Point5 給料計算

給料計算をするには、社会保険・雇用保険・源泉所得税の知識のほか、労働基準法の知識も必要となります。
正確に計算し、給料明細や給料台帳(一覧表)を作成します。
※人数が少ない場合には、市販の給料明細やフリーソフトで充分に対応できます。

会計

会計とは、会社の業績やお金に関する「記録」「計算」「管理」をいいます。簡単に言うと、会社の家計簿です。
会計業務をきちんと行うには、経理がきちんと行われている必要があります。
会計の記録には「簿記」という手法が用いられ、計算には「会計ソフト」が用いられます。
記録と計算が、正確かつタイムリーに行われていると現状分析なども正確に行え、会社の業績を管理できるようになります。

税務

税務とは、法人税・消費税・所得税・住民税などの申告や届出をいいます。
会社を設立した場合には、「法人設立届出書」「青色申告承認申請書」など、複数の届出を行う必要があります。
会社設立初年度から青色申告の承認を受けようとする場合には、設立日以後3ヵ月以内に届出を行う必要がありますので、注意が必要です。
法人税や消費税などの申告は、事業年度終了の日から2ヶ月以内に行う必要があります。
申告が遅れた場合や、申告を行わなかった場合には一定のペナルティがあるだけでなく、銀行や取引先などの対外的信用も失うことになります。

このページの先頭に戻る

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム