横浜で会社設立の事業プランにあった節税・消費税対策なら横浜会社設立Guideにご相談下さい。

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム

節税・消費税

横浜で会社設立をする前にやっておきたい節税対策


節税にはウルトラCはございません。
合法の範囲で、どこまで税金を少なくできるのか・・。どこまで行ってしまうと税務調査で否認されてしまうのか・・。
これらの判断には、経験に基づいた微妙なバランス感覚が必要となってきます。
一般の方には、「微妙なバランス感覚」は難しいでしょうから、経験豊富で節税に積極的な税理士を見つける事が満足のいく節税への近道かもしれません。

横浜会社設立ガイドではお客様の事業プランにあった税理士を見つける際のご相談も受け付けております。

会社設立時の消費税

資本金が1000万円未満であれば設立当初2年間の消費税が免除されてきましたが、平成23年度税制改正で以下の見直しが行われ、いずれの要件にも該当する場合には2年目の消費税は免除されないことになりました。
要件1 前事業年度開始の日から6ヶ月間の課税売上高が1000万円を超えた場合
要件2 前事業年度開始の日から6ヶ月間の給与等の支払額が1000万円を超えた場合
※上記の改正は、平成25年1月1日以降に開始する事業年度について適用されます。

会社設立後の節税ポイント

・自分への役員報酬をいくらにしますか?
・親族への役員報酬をいくらにしますか?
・会社で生命保険や倒産防止共済には加入しますか?
・自分で負担している出費を、どこまで会社経費にしますか?

小規模企業共済制度

経営セーフティ共済

このページの先頭に戻る

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム