横浜会社設立ガイドでは社会保険のご相談も行っております。

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム

社会保険

横浜で会社設立時に加入する義務がある社会保険についての情報です。

社会保険への加入

社会保険は、「健康保険」と「厚生年金保険」とに分かれます。
会社を設立した場合には、業種に関係なく、役員や従業員が1人でもいれば強制加入となります。
強制加入とは、会社の意思に関係なく、必ず加入する義務があるという事です。
横浜会社設立ガイドでは社会保険の仕組みや負担額などのご相談も行っております。
※実務上は、未加入の会社もあります。

健康保険・厚生年金保険

健康保険・厚生年金保険は、本人の意志に関係なく、厚生年金保険が適用されている事業所に勤め70歳未満であれば自動的に加入することになります。
パートなど短期間就労者については、勤務日数及び勤務時間がそれぞれ一般の従業員の概ね4分の3以上の場合に加入します。
加入は事業所単位となっており、健康保険・厚生年金保険の加入手続きは事業主が行います。

具体的な手続きについては、日本年金機構のホームページでご確認いただけます。

健康保険組合について

政府管掌の健康保険に代え、各組合が独自で運営している健康保険もあります。
基本的な機能は、政府管掌の健康保険と変わりませんが、組合によっては保険料が安く、給付も手厚く受けられる場合があります。
まずは、政府管掌の健康保険と比較してみると良いでしょう。

健康保険組合一覧

このページの先頭に戻る

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム