横浜で会社設立し、従業員を雇用する際に必要な労働保険は横浜会社設立Guideにご相談下さい。

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム

労働保険

横浜で会社設立する前に知っておきたい労働保険の種類とポイント

横浜会社設立、事業展開をする上で、従業員の雇用はほとんどの会社で必要になります。事業主として労災保険と雇用保険の加入手続きのポイントを押さえておきましょう。

労働保険への加入

労働保険は、「労災保険」と「雇用保険」とに分かれます。
労働保険は、従業員が1人でもいれば強制加入となります。
(役員しかいない会社の場合には原則として加入することが出来ません。)

強制加入とは、会社の意思に関係なく、必ず加入する義務があるという事です。

労災保険・雇用保険

労災保険への加入は、どんなに労働時間が短くても労働者の全員が加入することになります。
雇用保険への加入は、1週間の所定労働時間が週20時間以上で、31日以上の雇用見込みがある方です。
よって、週20時間未満のアルバイトの場合は、労災保険にのみ加入することになります。
加入は事業所単位となっており、労災保険と雇用保険の加入手続きは事業主が行います。

具体的な手続きについては、厚生労働省のホームページでご確認いただけます。

労働保険事務組合について

労働保険事務組合は、労働保険料の申告・納付・各種届出などの事務手続きを代行しています。
組合に加入することにより、以下の特典が受けられるようになります。
・役員も労災保険への特別加入ができるようになり、従業員と同じく就業中のケガや病気が保障されます。
・労働保険料の金額にかかわらず、保険料の分割納付(年間3回)ができます。

労災組合について

社会保険と同様に、各組合が独自で運営している労災保険もあります。
特別加入制度や事務手続きの代行などもありますので、ぜひ検討してみて下さい。

このページの先頭に戻る

横浜会社設立Guide
お問合せフォーム